僕のマリ | 常識のない喫茶店
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

僕のマリ | 常識のない喫茶店

¥1,540 税込

送料についてはこちら

「働いている人が嫌な気持ちになる人はお客様ではない」という理念で支えられている喫茶店で働く店員たちの<小さな抵抗の日々>を描くお仕事エッセイ『常識のない喫茶店』入ってました〇 ただ働いているだけなのに、なぜセクハラ、モラハラを受けなければならないのかーー注目の物書き、僕のマリさんが実際に働く異色の喫茶店で繰り広げられる失礼なお客たちとの闘いの日々。このおかしな世の中に捧げられた、わたしの物語をぜひ。 ■メニュー(目次) Ⅰ 魅惑の喫茶 プロローグ 妖怪在庫荒らし 出禁です 同僚観察記 やさしい人 いかれたマスター お仕置きです 推しの客 緊急事態喫茶 SNS警察 ガチ恋の翁 グレーゾーン村の人々 不惑の喫茶 Ⅱ おかわり ここだけの話 喫茶店員あるある わたしの喫茶紀行 特別なお客さん 厨房は戦場 卒業 人生の分かれ道 188mm x 130mm / 176p / ソフトカバー