戸谷洋志|スマートな悪 技術と暴力について
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

戸谷洋志|スマートな悪 技術と暴力について

¥1,540 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

テクノロジーと社会の関係を研究する戸谷洋志さんによる『スマートな悪 技術と暴力について』が入荷です。 より便利で豊かな生活のために推奨される「超スマート社会」にあって「スマート」を疑い、その危険性について迫る一冊。本当に人間にとってスマートであることが望ましいのかを考えます。 <目次> はじめに  第1章 超スマート社会の倫理  第2章 「スマートさ」の定義  第3章 駆り立てる最適化  第4章 アイヒマンのロジスティクス  第5章 良心の最適化  第6章 「機械」への同調  第7章 満員電車の暴力性  第8章 システムの複数性  第9章 「ガジェット」としての生  おわりに *タダジュンさんのサイン入 188mm×130mm / 210p / ソフトカバー