other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

石井美保 中川理 松村圭一郎・編 |文化人類学の思考法

¥1,980 税込

送料についてはこちら

「考えるために役立つ道具箱をつくりたい。しかも、文化人類学というユニークな学問が育ててきた思考の道具がたくさん詰まった道具箱を。」という思いから編集された『文化人類学の思考法』が入荷です。 複雑な世界をまえに、文化人類学はあえてその複雑さをありのまま描こうとするーーそのことで私たちの信じてやまない「常識」は揺さぶられます。しかしその先にこそ、まだ知ることのないあたらしい世界が見えてくるかもしれません。 すべての考える人のために、道標となる一冊。 <目次> はじめに すべての考える人のために 序論 世界を考える道具をつくろう  (松村圭一郎・中川理・石井美保) 第I部 世界のとらえ方 1 自然と知識――環境をどうとらえるか?(中空 萌) 2 技術と環境――人はどうやって世界をつくり、みずからをつくりだすのか(山崎吾郎) 3 呪術と科学――私たちは世界といかにかかわっているのか(久保明教) 4 現実と異世界――「かもしれない」領域のフィールドワーク(石井美保) 第II部 価値と秩序が生まれるとき 5 モノと芸術――人はなぜ美しさを感じるのか?(渡辺 文) 6 贈り物と負債――経済・政治・宗教の交わるところ(松村圭一郎) 7 貨幣と信用――交換のしくみをつくりだす(深田淳太郎) 8 国家とグローバリゼーション――国家のない社会を想像する(中川 理) 9 戦争と平和――人はなぜ戦うのか(佐川 徹) 第III部 あらたな共同性へ 10 子どもと大人――私たちの来し方、行く先を見つめなおす(高田 明) 11 親族と名前――関係している状態をつくるもの(髙橋絵里香) 12 ケアと共同性――個人主義を超えて(松嶋 健) 13 市民社会と政治――牛もカラスもいる世界で(猪瀬浩平) 参考文献 もっと学びたい人のためのブックガイド 索  引 ○コラム 1 認識人類学の展開 分けることと名づけること(中空 萌) 2 ブルーノ・ラトゥール STSと人類学(山崎吾郎) 3 スタンレー・タンバイア 呪術・科学・宗教(久保明教) 4 合理性論争(石井美保) 5 岡本太郎 境界線を吹き飛ばす爆発(渡辺 文) 6 マルセル・モース 贈与論のその先へ(松村圭一郎) 7 貨幣の多義性(深田淳太郎) 8 フーコー権力論と人類学(中川 理) 9 日常的暴力と日常的平和(佐川 徹) 10 生業と子育て(高田 明) 11 あらたな親族研究の潮流(髙橋絵里香) 12 民族誌、実践誌、人類学(松嶋 健) 13 デヴィッド・グレーバー アナキズムと人類学(猪瀬浩平) 四六判 / 224p / ソフトカバー

セール中のアイテム