other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

尹 雄大|つながり過ぎないでいい

¥1,760 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

「言語とは何なのか」「自分を言葉で表現するとは、どういうことなのか」の深層に迫る、尹 雄大氏自身の体験を踏まえた「当事者研究」である一冊『つながり過ぎないでいい』が入荷しています。 コミュニケーションや感情表現が上手できないと悩んだ著者はやがて、当たり障りなく人とやり取りする技術を身につけていきます。 しかし、そもそも他者と難なく意思疎通ができることは、本当に良いことで、正しいことなのかーーー。なめらかにしゃべれてしまうことの方が、奇妙なのではないかと自問自答します。 言葉、存在、コミュニケーションとは一体なんなのかを、改めて問い直します。 【目次】 ■はじめに ■1章 それぞれのタイムラインを生きるしかない——定型発達という呪縛 ■2章 胚胎期間という冗長な生き延び方 ■3章 社会なしに生きられないが、社会だけでは生きるに値しない ■4章 自律と自立を手にするための学習 ■5章 絶望を冗長化させる ■あとがき 188mm×130mm / 216p / ソフトカバー