new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

植本一子|愛は時間がかかる

1,980円

送料についてはこちら

写真家であり、文筆家でもある植本一子さんの3カ月にわたる、トラウマ治療の体験を記録した『愛は時間がかかる』。 人生の総ざらいのような時間となった治療。自分がどんな道を歩んできて傷つき、こうなったのかーーー。 状況は違えど、きっと似たような境遇の人がいるかもしれないと思い、その人たちのためにも、こんな方法があるのだということを知らせなければという気持ちにかられ筆を取った植本さん。 書くことが、自分のためでもあり、それ以上に誰かのためになるのではないかと考えることで生まれた一冊です。 【目次】 はじめましておひさしぶりです こんな自分と生きる 助走―トラウマ治療0 遺言のようなもの 私は守られていた―トラウマ治療1 三人のハイムシナジー お椀を買いに行く―トラウマ治療2 砂金 葉山の砂―トラウマ治療3 私は愛されていた―トラウマ治療4 五年 同じ名前―トラウマ治療5 拝啓 中野先生 未来の鋳型―トラウマ治療6 あかるいあきらめ 四六判 / 192p / ハードカバー

セール中のアイテム