other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

作:谷川俊太郎 絵:合田里美|ぼく

1,870円

送料についてはこちら

SOLD OUT

『二十億光年の孤独』でデビューした谷川俊太郎さんが「自死」を見つめ紡いだ言葉に、合田里美の風景作品が重なって不思議な光を放ちます。 どうして死んだのか、孤独とは死とは何か、わからないところから想像してみることは誰かを想い、ともにあるひとつの形だと教えてくれます。 死をめぐる絵本シリーズ「闇は光の母」。 283mm×223mm / 32p / ハードカバー

セール中のアイテム