荒井裕樹 | まとまらない言葉を生きる
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

荒井裕樹 | まとまらない言葉を生きる

1,980 JPY

About shipping cost

マイノリティの自己表現をテーマに研究を続ける文学者・荒井裕樹氏が、いま生きづらさを感じているあなたに、そして自らに向けて綴った、18のエッセイ『まとまらない言葉を生きる』入ってきてました〇 偉い人が「責任」逃れをするために、「敵」を作り上げて憂さを晴らすために、誰かを「黙らせる」ために言葉が使われるようになってしまったこの世界で、凝り固まった価値観を解きほぐし、肺の奥まで呼吸しやすくしてくれるような「言葉」との出会いは、現代でも可能なのでしょうか。 障害者運動や反差別闘争の歴史の中で培われてきた「一言にまとまらない魅力をもった言葉たち」と「発言者たちの人生」をひとつひとつ紹介していくことを通して、この社会で今、何が壊されつつあるのか、人間としての尊厳をどのように守っていけるのかを考えていく一冊です。 本書の装画や挿絵を描いている<しょうぶ学園>の榎本紗香さんの絵は、シンプルな線画でありながら、ほっとするような温かみがあり、見ていると心が伸びやかになっていくようです。 ■目次 まえがき 「言葉の壊れ」を悔しがる 第1話 正常に「狂う」こと 第2話 励ますことを諦めない 第3話 「希待」という態度 第4話 「負の感情」の処理費用 第5話 「地域」で生きたいわけじゃない 第6話 「相模原事件」が壊したもの 第7話 「お国の役」に立たなかった人 第8話 責任には「層」がある 第9話 「ムード」に消される声 第10話 一線を守る言葉 第11話 「心の病」の「そもそも論」 第12話 「生きた心地」が削られる 第13話 「生きるに遠慮が要るものか」 第14話 「黙らせ合い」の連鎖を断つ 第15話 「評価されようと思うなよ」 第16話 「川の字に寝るって言うんだね」 第17話 言葉が「文学」になるとき 終話 言葉に救われる、ということ あとがき まとまらないを愛おしむ 188mm x 130mm / 256p / ソフトカバー