new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

中村佑子|わたしが誰かわからない ヤングケアラーを探す旅

2,200円

送料についてはこちら

杉本博司や内藤礼の映像作品を手がけた中村佑子さんによる一冊。 一体ヤングケアラーとは誰なのか。世界をどのように感受していて、具体的に何に困っているのか。筆をとったり、置いたり、葛藤の中で自らの記憶と感情を巡り見つけ出した光とはーーー。 「この本では、病の家族に付き添う時間とはどういうものなのか、つまりヤングケアラーの内的時間とはどういうものかを書いている。葛藤と喜び、苦しみと快楽、引き裂かれてゆく感情の双方の極を書きたいと思った。」_はじめにより <目次> はじめに 1 薄氷のような連帯 2 いちばん憎くて、いちばん愛している人 3 わたしが誰かわからない 4 わたしはなぜ書けないか 5 抱えきれない言葉の花束 6 固まることを禁じられた身体──ケア的主体とは何か 7 自己消滅と自己保存──水滴のように 8 犠牲と献身と生まれ変わり──自由へ おわりに A5サイズ / 232p / ソフトカバー

セール中のアイテム