new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

飴屋法水|たんぱく質

3,520円

送料についてはこちら

現代美術を主軸とした活動を行いながら、95年のヴェネチア・ビエンナーレ参加後、作品制作を休止していた飴屋法水氏による7年ぶりに書かれた小説『たんぱく質』。 志賀理江子さんの撮り下ろし写真が、飴屋さんのことばと響きあい、新たな空間が立ち上がる「私」と「たんぱく質」と「地球」の物語ーーー。 縦開きの造本が不思議と心地よい一冊です。 *写真:志賀理江子 154mm×154mm / 144p / ハードカバー / 縦開き / 2色カラー刷 palmbooks 刊

セール中のアイテム