new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

作:ジェイムズ・ジョイス 画:米増由香|猫と悪魔

1,600円

送料についてはこちら

ジェイムズ・ジョイスが、4歳の孫、スティーヴンに宛てた手紙がもとになっている物語『猫と悪魔』。 フランスのボージョンシーという街には、街を二分するとても広い川が流れていて、街の人々は川を渡るのに大変苦労していました。橋をかけたいのですが、街には橋をかけるお金がありません。そんなとき、悪魔が市長のもとへやってきて、りっぱな橋をかけるかわりに、最初に橋をわたる人のたましいをほしいと提案します。市長は承諾しますが…。 果たして無事に橋は架かるのでしょうか。 *1964年にカナダからリチャード・アーダスの挿絵で絵本となって出版されて以降、イギリス、フランス、ブラジル、ブルガリアなどから、さまざまな挿絵で本として出版されています。 *日本ではイギリスで出版されたジェラルド・ローズの挿絵の絵本が、作家の丸谷才一氏の翻訳で1976年に刊行。 〇第一部: ・イラストレーターの米増由香さんの挿絵で物語がつづられています。 〇第二部: ・原文・訳文から読み解くジェイムズ・ジョイスの人となりや作風を解説。 A5判 / 64p / ソフトカバー

セール中のアイテム